薬樹は「健康な人、健康な社会、健康な地球」
を目指した3つの薬局を運営しています

ガラス張りの調剤室、プライバシーに配慮した投薬カウンターなど、今日の薬局では当たり前になった数々の工夫にいち早く取り組んできました。
店舗を居心地の良いコミュニケーション空間にすることで、処方せんを持たないお客さまが気軽に相談に来られるお店づくりを進めています。

薬樹薬局について詳しくはこちら 

在宅医療を中心として「心安らぐ我が家で過ごしたい」 そんな想いにお応えします。 医師・看護師・ケアマネジャー・ヘルパーなどの多職種と連携し、適切な薬物治療が行われるように無菌調剤室(クリーンベンチ)も完備し、注射剤の調製にも対応します。

訪問薬樹薬局について詳しくはこちら 

「まちの健康ナビゲーター」をコンセプトに、まちの皆さま一人ひとりが健康であるために、予防から治療まで生涯にわたる健康をナビゲートします。
また、まちの皆さまと共に健康コミュニティをつくり、健康寿命の増進に寄与します。

健ナビ薬樹薬局について詳しくはこちら 

薬樹は神奈川県大和市に第一号店が出店されました。
そこから集中出店を行ってきましたので一番店舗が多いのは神奈川県です。

あえて全国展開せずに関東圏へ出店し続けているのは
地域の皆さまと、そして一緒に働く仲間たちと
しっかりつながっていたいから。

出店方法にも薬樹の想いが詰まっています。

多職種連携

薬樹は薬剤師・管理栄養士・理学療法士が働く薬局です。
「薬×食事×運動」の専門家が地域の皆さまの健康を生涯にわたりナビゲートし、予防から治療、在宅医療をトータルでサポートいたします。

薬(薬剤師)

薬の専門家。専門知識を用いて患者さま一人ひとりに合わせた服薬指導を行います。ポリファーマシーの適正化にも積極的に取り組んでいます。

食事・栄養(管理栄養士)

食事・栄養の専門家。健康や生活習慣改善のサポートをしています。健康啓発イベントの開催や健康コミュニティ支援も行っています。

運動(理学療法士)

運動の専門家。運動に関するサービスコンテンツを企画・開発。運動面からまちの皆さまの健康寿命の延伸に貢献しています。


まちの皆さまと共に健康な毎日をつくり
笑顔とありがとうの輪を広げる

薬樹の健康支援・地域活動

地域へ向けたイベントは、お客さまや地域の多職種とつながる大切なきっかけです。

イベントテーマは各店舗がお客さまのニーズに合わせて決定します。

本部にはイベント開催をバックアップしてくれる部署がありますので、初めてのイベントでも安心です。

医歩:メディカルウォーキング

スーパーマーケット×薬樹コラボイベント
お買いものツアー

料理教室

健康相談会

ケアマネージャー講座

福祉フェア

SDGsへの取組み

2015年に国連にて採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」は、我々の健康理念の具体的な行動指針であり大きな目標でもあります。今後もSDGs達成に向けた具体的な活動を行ってまいります。

  • 01.健ナビ(薬×食事×運動)

  • 02.ママ社員が働きやすい環境

  • 03.障がい者雇用推進

  • 04.企業の森

  • 05.エコステーション活動

  • 06.再生可能エネルギー利用推進

  • 07.エシカル調達

  • 08.パートナーシップ

社長メッセージ

薬剤師・管理栄養士のみなさんが
思い切り挑戦できる場所をつくりたい。

この会社に入社してさまざまな人に出会うことで、薬剤師・管理栄養士は実に大きな可能性を秘めた仕事だと思うようになりました。ですから代表取締役としての私の最大のミッションは、当社の社員一人ひとりが「個」の力を発揮する場所をつくること。言い換えれば、薬剤師・管理栄養士の可能性を広げることだと思っています。

薬樹では、カウンターや調剤室だけが仕事場ではありません。在宅医療においては、訪問薬剤師・管理栄養士という働き方があります。薬剤師・管理栄養士が連携して地域の予防医療に取り組むこともできます。

従来の薬局の機能の他に、「つどう」「たのしむ」「つながる」「健康コミュニティ」という機能を付加しながら、新しい薬局の姿をみんなでつくっていきましょう。

入江 充(いりえ みつる)
薬樹株式会社 代表取締役